パーソナルトレーニングのメニューの流れはどんな感じなのか?

私たちのジムは主にトレーナーとマンツーマンで行う、パーソナルトレーニングをメインに活動しているジムです。

プロのアスリート、芸能人といった方から地域の一般の方まで幅広いお客様が足を運んで下さっています。

また、最近では世間的にも「パーソナルトレーニング」という名前が定着しだし、パーソナルトレーニングの認知度も高まってきました。

それもあってか、ここ最近はたくさんの方からお問い合わせを頂くようになりました。

そして、頂くお問い合わせで最も多い質問が

「パーソナルトレーニングってどんな事をするのですか?」

というもの。

そこで、本日はパーソナルトレーニングで実際に行うトレーニングメニューの内容について詳しくお話ししていきたいと思います。

メニューは主に「筋力トレーニング」

私たちのジムで行うメニューもそうですが、世の中の多くのパーソナルトレーニングジムのトレーニングメニューの大半はいわゆる

「筋力トレーニング」をメインにトレーニングメニューを組み、実践してもらうジムが多いです。

(ただ、私たちのジムは通常の筋トレとは少し違いますが)

筋力トレーニング(以下、筋トレ)とは、端的に言えば筋肉量を増やしていくトレーニングのことです。

例を挙げれば、スクワットやベンチプレスのように踏ん張って行うトレーニングが筋力トレーニングと認識して頂ければわかりやすいと思います。

マラソンやウォーキングなど一定の速度を保ちながら長時間行う運動、通称有酸素運動では筋肉のスタミナや肺活量は増えますが、筋肉量が増える事はありません。

有酸素運動でも確かにカロリーは消費しますが、ダイエットやボディメイクのために"有酸素運動だけ"をやるのは効率が悪いと言えます。

まして、"有酸素運動だけ"で体重を落としていけば脂肪が落ちるのと同時に筋肉も落ちていくので綺麗な痩せ方はできません。

ですので、綺麗に痩せていったり、ボディメイクを成功させていくには筋トレは必須だと認識して下さい。

筋トレを行い筋肉量を増やす理由

では、なぜ筋トレを行い筋肉量を増やしていくことがダイエットやボディメイク成功の近道なのでしょう。

その理由は色々とあるのですが、最も大きい理由の一つが

「筋肉量が増えれば基礎代謝が増えるから」

というものです。

例えば、同じ体重100キロでもなんの運動もしていない人と、ボディビルダーの人とでは仮にマラソンをやった場合、その消費カロリーは全く違ってきます。

ボディビルダーの人の消費カロリーの方がなんの運動もしていない人よりもはるかに高くなります。

これは筋肉量の多い人の方が、そもそもの基礎代謝の高くなるからです。

なので、同じ時間、同じだけの運動量でも筋肉量が多ければ多い方が脂肪の燃焼効率が高くなるんですね。

また、しっかり筋肉をつけておけば日常生活で行う通勤や家事でもしっかり脂肪が燃焼されます。

筋肉量が増えれば、基礎代謝があがるので日常の何気ない運動でも筋肉がない時よりも多くの脂肪が燃焼されるので筋肉をつけるのはいい事ずくめなんですね。

ですので筋トレによって筋肉量を増やし、日常生活から脂肪を燃焼できる体を作っておけば効率よくダイエットを行っていけるのです。

また、筋肉量が増えれば見た目の美しさもかなり変わってきます。

同じ体重でも筋肉量が多い方が、張りのある健康的な体になるので見た目のイメージは全然変わるのは間違いありません。

仮に脂肪が多い体でも、しっかり筋肉がついていればメリハリがある魅力的な見た目になります。

モデル業界なども、最近はただ細いだけではだめでしっかり筋肉がついているか?健康的かどうかが重要になってきているので女性であっても美のために筋肉をつける重要性は年々上がってきているのです。

最近は欧米で「プラスサイズモデル」(ふくよかな体型のモデル)というジャンルのモデルさんが非常に人気があるのですが、彼女たちもただふくよかなのではなくしっかり筋トレを行っていたります。

まだ、日本ではそれほど認知度は低いですが今後日本でもプラスサイズモデルの波が来る可能性を否定できないでしょう。

いずれにしても魅力的な体を作っていくために、筋肉をつけていくのは必要不可欠であり、欠かす事ができない大切なものなのです。

我流で行う間違った筋トレは逆効果になる

ただ、筋トレをする際に注意しなければいけないのは

「間違ったフォームやメニューをこなすと太くなりすぎたり、怪我をしたりする可能性が高い」

という点です。

足の太さはそのままでお尻のボリュームだけ増やしたいのに、お尻はそのままで足だけが大根のように太くなってしまう。

全体的にシェイプアップしたいのに、逆にゴツく筋肉質になってしまう。

あるいは、筋肉を増やすためのトレーニングなのに怪我をしてしまい、運動すらできなくなる。

間違ったフォームやメニューで筋トレを行うとこのような危険性があるのです。

だからこそ、怪我なく筋肉を増やすためにはトレーニングに関する知識や体に関する知識をしっかり持っているトレーナーからのサポートをしてもらう必要があります。

体の専門家である、トレーナーにサポートしてもらう事でより早く効率的に成果を出し、怪我のリスクが少ないトレーニングを行っていけるのです。

これがパーソナルトレーニングの大きなメリットだと言えるでしょう。

パーソナルトレーニングは筋トレだけではなく、体を整えるコンディショニングメニューも受けられる

パーソナルトレーニングでは、筋トレだけではなく体の状態を整えるコンディショニングも行います。

例えば、トレーナーがサポートをしながら行うペアストレッチやスポーツマッサージなどです。

トレーニングで追い込んだ筋肉の疲れを取るためのメニューや、根本的な体の歪み、骨盤の歪みを修正するメニューを組んでいるパーソナルジムも非常に多くなっています。

私たちが運営するジムも同様です。

また、私たちのジムは整骨院と併設されているパーソナルジムなので、トレーニング中にお客様の筋肉に異変があったり、トレーニングができないぐらい疲労が溜まっている場合、すぐに整骨院の方で治療を受け改善していく事ができます。

体の状態を整えていく事で一気に体重がストンを落ちたり、体がシェイプアップされたケースもあるのでコンディショニングメニューもダイエットやボディメイクでは重要なんです。

パーソナルトレーニングの流れ

 パーソナルトレーニングジムは、全国各地にありますがそのジムによってトレーニングの流れは違いがあります。

ただ、実際のトレーニングの流れに関しては余程のオリジナリティのあるジムでない限り、大体同じです。

そこでここからはジムに到着してから、トレーニングを行い、帰宅するまでの流れをご紹介させて頂きたいと思います。

ただ、細かい部分も含めると各パーソナルジムそれぞれ微妙に流れが違うので、そこはご了承下さい。

あくまでも一般的なパーソナルトレーニングの流れを紹介します。

私たちも以下のような流れでパーソナルトレーニングを行っていくので、参考にしてみて下さい。

(1)体の状態のチェック(コンディションチェック)

トレーニングに入る前に、トレーナーがその日のあなたの体の状態をチェックします。

体の柔軟性や筋肉の疲労度など。

チェックの仕方は様々ですが、トレーニングに入る前にまずは体の状態の確認が行われます。

このコンディショニングチェックで、その日のトレーニングメニューを組んでいくパーソナルジムも多いので、その際に「体が重たい」「肩が凝っている」「腰が痛い」「仕事が忙しく疲労が溜まっている」など体に異常を感じる場合は、必ず担当のトレーナーに伝えるようにしましょう。

ちなみに、私たちが運営するジムでは、最初の段階でお客様の基本的な体のタイプや状態、姿勢や動きの癖を確認しそれに沿ったメニューのベースを作ります。

その日のコンディションによって、メニューを変更する場合もありますが基本はそのベースを基準にトレーニングを行っていきます。

(2)ウォーミングアップ

筋力トレーニングは筋肉にしっかりとした負荷をかける運動ですので、ウォーミングアップは必要不可欠です。

ウォーミングアップなしで筋トレをすると怪我につながります。

ここでは代謝をあげて、体を温め筋肉の動きを良くして怪我予防そしてより良いトレーニングができる準備を行います。

(3)筋力トレーニング

ここからいよいよパーソナルトレーニング本番です。

トレーナーが作ったお客様一人一人に合う筋トレメニューを実践し、筋肉を鍛える作業(筋肉をつけていく作業)に入っていきます。

筋トレメニューに関しては、人それぞれの目的、体質、体型によって変わりますし、目的によっても大きく変わります。

・太りやすい体質なのか

・痩せやすい体質なのか

・猫背なのか

・反り腰なのか

・全体的にスリムになりたいのか

・筋肉量を増やしてボリュームアップしたいのか

・ヒップアップしたいのか

・ヒップのボリュームをだしたいのか(お尻を大きくしたいのか)

・動ける体にしたいのか

などなど。

お客様の体質体型、目的に合わせたトレーニングメニューをトレーナーが組んでいき、それを実践していきます。

ここで重要なのは、トレーナーにきちんと自分の要望と目的を伝える事。

「脚をスリムにしたい」

「お腹を引き締めたい」

「お尻を丸く大きくしたい」

「全体的に細くなりたい」

などご自身の希望や悩みをトレーナーにきちんと伝えるようにしましょう。

トレーナーも、そういう情報や要望を知れる方がよりよいメニューを組みやすくなります。

(4)クールダウン

しっかりトレーニングをした後は、筋肉をほぐすクールダウンに入ります。

クールダウンはウォーミングアップと違い、筋肉の疲れを取っていく作業です。

ここでは、できる限り体をリラックスさせて筋肉を気持ちよく伸ばしていきます。

主にクールダウンはストレッチを行っていきますが、先ほども述べた通り、私たちが運営するパーソナルトレーニングジムは整骨院と併設しているジムであるため、お客様の状態によってこのクールダウンの段階で

・ペアストレッチ(トレーナーがストレッチの補助を行う)

・スポーツマッサージ

を行う場合が多いです。

お客様の体の状態によっては、トレーニングの時間を短くし、クールダウンの時間を長くして体のメンテナンスをする時もあります。

筋トレ後のクールダウンでトレーニングの疲れ、あるいは仕事の疲れが一気に回復する人もいます。

このクールダウンに魅力を感じて、パーソナルトレーニングを継続する人も意外に多かったりします。

以上が、パーソナルトレーニングの流れです。

パーソナルジムによって、細かな流れは違ってきますがほとんどのジムはこのようなプログラムになっています。

特殊なトレーニングをするパーソナルジムもあるよう

また、パーソナルトレーニングジムの中には特殊なトレーニングをするジムもあるようです。

格闘技のサンドバック打ち、ミット打ちなどは割とありがちですが中には各競技の動きをアレンジして独自のメソッドを確立しているケースがあったりと。

もちろん、ダイエットやボディメイクの王道は筋トレですがこういった少し角度の違ったトレーニングをしたい人はそういうパーソナルジムを探しても良いかもしれませんね。

まとめ

ここまでで、パーソナルトレーニングで実際に行うメニューの内容や、トレーニングの流れを解説していきました。

いずれにしても、パーソナルジムと一般的なジム、フィットネスクラブとでは設備もトレーニング形態も全く違います。

また、パーソナルトレーニングを受ける場合も自宅からの距離や価格などで選ぶの重要ですが、トレーニングメニューで選ぶのも一つの選択肢かもしれません。

是非、参考にして頂ければなと思います。