筋肉痛になった時どうすれば良いのか?

ダイエットやボディメイク、シェイプアップのためにフィットネスクラブに通い始めたり、食事制限を行うもののあまり効果を感じられずに挫折してしまう人はかなり多いような気がします。

そんな方におすすめなのが、パーソナルトレーニングです。

パーソナルトレーニングのメリットは体についての専門家であるプロのトレーナーにトレーニングを直接指導してもらえる点にあります。

何より、ダイエットやボディメイクに挫折する方の多くの理由は

「効果を実感できない」

という理由なのですが、その原因は

「そもそものやり方が間違っている」

ケースがほとんどだったりするんです。

要するに、我流のトレーニングやネットやYoutubeで見たトレーニングをそのままやってうまくいかないみたいな。

しかし、パーソナルトレーニングの場合、専門知識や豊富な経験を持ち合わせたトレーナーが"あなたの体にあったトレーニング"をマンツーマン指導してくれるため確実な効果を得る事ができます。

ここ最近、パーソナルトレーニングジムが各地にできている理由はここにあるんです。

そのパーソナルトレーニングですが、効果が得やすい分、トレーニング後筋肉痛になる事が少なくありません。

特に、これまで運動経験がない人や体がなまった状態でパーソナルトレーニングを受けに来られた人などは数日筋肉痛が取れない人などもいます。

とは言え、その筋肉痛は

「しっかり筋肉を鍛えられている証拠」

とも言えます。

筋肉は基本的に刺激を与えることで成長するのですが、その刺激をしっかり与えられているからこそ筋肉痛がくるのです。

逆に言えば、トレーニングしても筋肉痛が来ない。

あるいは、自分が鍛えたいところに筋肉痛が来ない場合は根本的に筋肉に正しく刺激が入っていないケースがほとんどでしょう。

だからこそ、トレーニングをした翌日に筋肉痛がくるのは決して悪い事ではないと認識して頂ければと思います。

とは言え、筋肉痛は日常生活を過ごす上では気持ちの悪いものでしょう。

なので、筋肉痛が早く取れるにこしたことはありません。

そこで今回はトレーニング後の筋肉痛の捉え方、筋肉痛の改善方法について解説させて頂きたいと思います。

パーソナルトレーニングでは何をするのか

ではまず、前提の部分から。

そもそもパーソナルトレーニングでは何をしているのか?

どのようなトレーニングをしているのか?

についてお話ししておきます。

ちなみに、すでにパーソナルトレーニングに通っていて筋肉痛に悩んでいる人は

「トレーニング後の筋肉痛は効果が?」

という部分からお読みください。

パーソナルトレーニングは筋トレがメイン

パーソナルトレーニングは基本的に、トレーナーがお客様の目的や目標を最短で達成するためのメニューをオーダーメイドで作り上げていきます。

そして、そのメニューの中心となるのが「筋力トレーニング」です。

もちろん、これには理由があります。

というのも、ダイエットやボディメイクを成功させる上で重要になってくるのが

「基礎代謝」

だからです。

基礎代謝とは、運動していない時にも消費するエネルギーのことを言います。

この基礎代謝が高まると、常に体の中のカロリーを消費している状態になりますので脂肪を燃焼しやすい体になっていきます。

そして、そんな基礎代謝を高めるために最も必要なのが筋肉量であり、筋肉が増えれば基礎代謝は上がっていくのです。

だからこそ、パーソナルトレーニングでは筋肉量が最も増える筋力トレーニングがメインとなるのです。

また、筋肉がつくべきところにつく事で見た目が良い体を作っていく事もできます。

トレーニング後の筋肉痛の意味

より効果を発揮するトレーニングをするためには、筋肉にしっかり刺激を入れる必要があります。

そして、しっかり刺激が入ったトレーニングには筋肉痛がつきものです。

それこそ、トレーニング初心者から上級者まで良いトレーニングをした後には必ずと言っていいほど筋肉痛はきます。(もちろん、全部が全部ではありませんが)

ただ、トレーニング経験がない人ほどこの筋肉痛を毛嫌いする傾向にあります。

中には「筋肉痛=ダメな事」という認識の方もおられるようにです。

なので、筋肉痛を嫌うあまりしっかりとした刺激が入ることがないトレーニングになってしまっている人は少なくありません。

しかし、それでは体を変えていくことも筋肉をつけていくこともできません。

筋肉にしっかりと刺激を入れて、翌日に筋肉痛が出る程度のトレーニングは必須なのです。

見方を変えれば、筋肉痛が出ているという事はしっかり筋肉を鍛えられており、自分の目標とする体型に近づいていっていると考えられるのです。

トレーニング後の筋肉痛を改善する方法

基本的に筋肉痛は日にち薬で、時間が経過すれば自然と軽減されていきます。

ただ、筋肉痛を和らげるアプローチをとればより早く筋肉痛が軽減される方法もあります。

アイシングは鉄板

強い筋肉痛が起こる場合は、筋肉が軽く炎症を起こしているケースが少なくありません。

その場合、アイシング(冷やす)で炎症を抑えていきます。

通常の場合は、トレーニングをした後に毎回アイシングする必要はありませんが、できる限り翌日以降の筋肉痛を抑えたいと思われる場合、特に疲労している部位にアイシングするのはありです。

アイシングの方法は色々とあるのですが、誰にでもできる簡単な方法として氷を氷のうやジップロックに敷き詰め氷があたる面積をできる限り多くしていきます。

アイシングができたら、それを患部に当てていきますがアイシングの目安としては10〜20分程度当てるようにしましょう。

アイスバックなどは温度が低すぎる場合あるので、当てる時間は注意するようにしてください。

温度が低すぎるものを当てすぎると凍傷になる危険性があります。

筋肉疲労の場合は血流を上げる

炎症がある場合は、アイシングのみでOKです。

ただ、アイシングは筋肉疲労をとる効能もあります。

というのもアイシングは冷やすことで血管を一定期間縮めるのですが、その後、冷やすのをやめると通常時以上に血管が広がって血流が上がり、疲労物質を軽減するという効果があるんです。

要するに通常時と比べて、筋肉に送られる血液の量が増える。

血液の量が増えるということは、栄養がしっかり筋肉に供給されるということです。

良く、野球のピッチャーが投球後肩や肘を冷やすのはそのためだったりします。

なので、疲労している部分にアイシングをするだけでも疲労軽減の効果はあるわけです。

もう一度言いますがポイントは、

「血流を上げる」

ということです。

これを頭に置くようにしてください。

そして、アイシングのみよりもさらにこの血流を上げる方法があります。

それはアイシング後に、患部を温めるということです。

温め方は何でもかまいません。

お風呂に入るのもよし、蒸しタオルなどを当てるのもよし。

さらにこれを繰り返し行えば、血流はどんどん上がりますので筋肉疲労の軽減率は大きく下がっていきます。

アスリートが行う、交代浴(通常の風呂と水風呂を交代で入る)などはこのためです。

筋肉痛がある時にもトレーニングして良いのか?

基本的には、筋肉痛がある状態でトレーニングをしても大丈夫です。

ただ、筋肉痛がかなりきつい場合はトレーナーに相談するようにしましょう。

筋肉痛がひどい場合は、100%の力を出し切ったトレーニングができません。

また、筋肉痛がある分、動きも制限されてしまうので正しいフォームでトレーニングできない可能性もあります。

とは言え、パーソナルトレーナーはトレーニングのプロであり体の専門家です。

筋肉痛を考慮した上で、その時のあなたにとってベストなトレーニングメニューを組んでくれると思います。

筋肉痛であっても通常通りのトレーニングができる場合もありますので、筋肉痛がある時は必ずトレーナーに相談するようにしましょう。

まとめ

しっかりとしたトレーニングを行えば、必ず筋肉痛はきます。

逆に筋肉痛が来ている方が、良いトレーニングができた場合も少なくありません。(もちろん、そうではない場合もあります)

いずれにしても、筋肉痛を含め体に何らかの違和感がある時はトレーナーに相談するようにしましょう。

筋肉痛であってもやわらげる方法なども教えてくれるはずです。