1日でお腹を凹ます方法

「一生懸命食事制限をしている」「毎日の運動を欠かさない」にも関わらず、鏡を見るとお腹だけがぽっこり出ている。

そんな悩みをお持ちの方は意外に多いのではないでしょうか。

そんな「ぽっこりお腹の解消方法」について解説していきたいと思います。

 

これから解説していく方法を、しっかり実践して頂ければ早い人であれば1日の実践でも数センチウエストが細くなる可能性は十分に期待できますのでお腹のお肉を落としたい人は是非、実践してみてくださいね。

 

 

ちなみに余談ですがコウジムにお越しくださっているクライアント様の中には、1時間で3センチ以上ウエストが細くなった方もおられます。

お腹が出ている状態とはどのような状態なのか

ぽっこりお腹の原因は、単にお腹に脂肪が多いという理由だけでなくその多くの原因は「姿勢の悪さ」だったりします。

 

例えば、あなたが以下のような姿勢であった場合、かなりの高い確率でお腹が出てしまう可能性あります。

  • 反り腰
  • 猫背
  • 骨盤が傾いている
  • 左右どちらかに体重をかける時が多い
  • 首が前にでている

要するにこのような姿勢を日常からとっていると、お腹がぽっこり出てしまう可能性があり、その姿勢をとり続けているとどれだけ運動を頑張ったり、食事制限をしてもお腹痩せすることありません。

良くジムなどに出かけていくと、ぽっこりお腹を凹ますため、お腹痩せをするためにひたすら腹筋運動をしている人やお腹のトレーニングしかしていない人を見受けます。

ただ、残念ながらそういった人の経過を観察していくと、どれだけトレーニングを継続していても肝心のお腹がへこんでいった人を見た事がありません。

(こちらはあくまでも私の経験上というお話です)

それこそ、お腹痩せを成功させようとして腹筋運動を毎日頑張っている人ほど、数ヶ月するとジムからその姿が見えなくなるケースは非常に多いように感じます。

ひょっとすると、あなたもそのお一人かもしれません。

 

しかし、運動を頑張っているにも関わらずぽっこりお腹が解消されないのは、決してあなたの頑張りが足りないわけではありません。

単純に「おなかを凹ます方法」を知らないだけなんです。

ですので、もしぽっこりお腹が解消せずにお悩みの方は無理な食事制限やハードトレーニングをせずとも、姿勢(日常の姿勢)自体を改善する事で自然とぽっこりお腹は改善されていくはずです。

 

お腹痩せを成功させる姿勢とは

基本的にぽっこりお腹の人の姿勢は先ほどあげたような

  • 反り腰
  • 猫背
  • 骨盤が傾いている
  • 左右どちらかに体重をかける時が多い
  • 首が前にでている

という姿勢が大きな原因となっています。

(もちろん、厳密に言えばこれが全てではありませんが)

 

ではなぜ、このような姿勢(悪い姿勢)が原因となってお腹がぽっこり出てしまうのでしょうか?

それはこのような姿勢では、日常のあらゆる場面で

「お腹(腹筋)の力が抜けてしまう」

からです。

お腹の力が抜けているとは、端的に言えばお腹の筋肉(腹筋)を使えない状態のことを言います。

当然、お腹の筋肉が使えていなければ、お腹の筋肉がつく事はありませんしお腹の筋肉がつかなければお腹の脂肪が減っていくこともありません。

だから、どれだけジムや自宅で腹筋を頑張ってもお腹のお肉が落ちずお腹痩せできないのです。

では、そういった悪い姿勢はどう改善していけば良いのでしょうか。

端的に言えば、日常の姿勢の際に「真っ直ぐ立つ」ということです。(動く時も同じ)

真っ直ぐ立つとは、立っている姿を横から見た際に頭、肩、腰、膝、足首が一直線になっている状態。

この姿勢をコウジムでは「真っ直ぐ立つ」と表現しています。

そして、その真っ直ぐな姿勢を作った状態で軽くアゴを引き、頭のてっぺんから上に真っ直ぐ引っ張られているイメージを持つ。

そうすると自然とお腹全体に力が入るような感覚になっていくはずです。

その際、真っ直ぐの意識はあくまでも体の軸であって、肩などは脱力して落とすイメージを持って下さい。

力が入っているのは、お腹だけです。

 

この姿勢が作れるだけで、自然とお腹全体に力が入る感覚となり日に日にお腹が引き締まっていくのが実感できると思います。

良い姿勢での座り方

ここまで解説してきた「良い姿勢」は主に立った時の姿勢になります。

次に座った際の良い姿勢の作り方を解説していきます。

 

座り方に関しても、基本原則は立ち方と同じです。

良い姿勢での立ち方は軸が一直線になっていて、アゴを軽く引き、頭の上から真っ直ぐ引っ張られているイメージでしたね。

その姿勢を作れた状態で腰を掛け、骨盤をしっかり立てます。

骨盤を立てる際の注意点は、腰を反りすぎないようにです。

このように座ることで、自然と背筋が伸びお腹にも力が入って立っている時のような良い姿勢を作れます。

 

多くの人がPCやスマホを日常的にたくさん使っていますが、姿勢を意識しないと猫背や巻き肩になり悪い姿勢の習慣がついてしまいますので注意して下さい。

悪い姿勢が習慣化すれば日常から体が丸まってしまうので、見た目はもちろんのことこの姿勢では腹筋の筋肉が使えないためお腹もぽっこり出てきてしまいます。

 

ですので、座る体制であっても真っ直ぐに座り、良い姿勢で座るようにしましょう。

そうすれば、座っていてもしっかり腹筋が働き良い姿勢が習慣化されていきます。

 

また、椅子に座りながら足を組むクセがある人は多いと思いますが、これは注意しないといけません。

というのも足を組んでしまうと真っ直ぐの姿勢が作れず、ぽっこりお腹の元凶になります。

なので何気なく足を組む人は多いと思いますが、お腹痩せを含め綺麗な体を作っていきたい人は注意するようにしてください。

足を組むことで体のバランスが大きく崩れたり、あるいは骨盤がずれたり、股関節に過度な負担がかかったりします。

 

それが結果的にO脚やX脚などの原因もにも繋がるので、座っている時に足を組むのは注意するようしてください。

歩き方

また、日常生活で歩く場合などもできる限り良い姿勢をキープするようにしてください。

特に良い姿勢をキープしながら歩いたり、走ったりすればしっかりと腹筋を使えた状態で動けますので、よりお腹痩せの効果も倍増していきます。

最初は姿勢自体も、意識して作っていく必要がありますが慣れてくればこの姿勢の方が楽に動けるようになりますので、その段階までは継続しましょう。

良い姿勢が身に付けば、しめたものであとは暴飲暴食を控え、適度な運動を行うだけでみるみる綺麗な体が出来上がってきます。

まとめ

いかがだったでしょう。

1日で数センチお腹を凹ます方法となれば、何か特別なトレーニングでもするのでは?と思った方も多かったかもしれません。

しかし、実際にやるべきことは特別なトレーニングでも食事制限でもなく「良い姿勢を作る」という事でした。

 

実際、良い姿勢の感覚を身に付けた人がそのまま運動したり、あるいは1日過ごすだけでお腹がへっこむという事例は私たちのクライアントさんの中ではかなり多いです。

 

もし、これをご覧くださっているあなたがぽっこりお腹で悩んでおられるのなら今やられているトレーニングや食事制限を一度横におき「良い姿勢を作る」ということに取り組んでみてください。

意外にすぐに成果がでるかもしれませんよ。

 

また、コウジムでは「良い姿勢、良い動きを作り、日常生活を通して体が勝手に作られていく」ということを目的とした独自のトレーニングメソッドを提供させて頂いています。

専門のトレーナーとともに、良い姿勢を作り上げより早くお腹を凹ませてぽっこりお腹を解消させたい方は是非、一度ご相談頂ければなと思います。